禁煙外来とは

禁煙したいけど、どうしたら…という人に。禁煙外来

ここ数年で、喫煙スペースというのは街中はもちろん、オフィスの中や飲食店からどんどん姿を消していっていますよね。最近では居酒屋でも禁煙のお店、そうでなくても分煙をしているお店が登場する程です。(実際に非喫煙者には喜ばれているようですが)。愛煙家にとっては肩身の狭い思いをしたり、喫煙所を探して街中をさまよったりする時間が増えました。社会全体から、喫煙者に対する風当たりは強くなる一方です。こんなご時世にも関わらず、タバコから離れらない喫煙者をよそに、いい機会だからと思って禁煙に取り組む人も増えてきています。実際に喫煙者はタバコがいかに人体に有害かという事を良く知っていますし、禁煙するだけでどれだけのお金がうくか、どれだけのメリットがあるかという事も、実は良く知っているもの。実際に90%の喫煙者は、煙草をやめたいと思っているデータもあるんです。しかし、過去に禁煙しようとしたけど、煙草の誘惑に負けてしまった、長続きしなかったという方も多いのではないでしょうか。

 

そして、現在もっとも有効な禁煙方法のひとつと言われているのが禁煙外来です。

 

禁煙外来という言葉を耳にする事も最近多くなりましたよね。テレビCMで流れていたり、検索を促進する広告を目にする機会が増えた事が一番の要因かもしれませんが、実は数十年前から存在している、禁煙のための専門外来科目の事で、れっきとした医療機関なんです。喫煙者を患者と位置付け(実際に一定の条件を満たせば保険も適用されます)、医師と禁煙に取り組む事ができるのが禁煙外来。

 

成功率、禁煙の継続率が長いため、今度こそ!という喫煙者が足を運ぶ禁煙外来について、少しご紹介してみます。